HEAVY METAL STORM

お気に入りヘヴィメタルのアルバムレビュー、懐かしいPVなどを載せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Motorhead/Ace Of Spades動画 

Ace Of Spadesエース・オブ・スペーズ~デラックス・エディション(紙ジャケット仕様)

オリジナルが発表されたのが1980年で、初めて聴いたのが85年頃なんで、もう20年以上聴き続けてることになります。

しかし未だ初めて聴いたときの衝撃は薄らいでおりません!!

大いなるマンネリズムと称されてもまだまだ現役で頑張り続けるLemmyを応援し続けていきたい。

[Ace Of Spades動画]




荒くれ者が演じるワイルドなロックンロールは、何時聴いても新鮮です。
スポンサーサイト

[ 2009/03/11 14:41 ] 動画 洋楽 | TB(0) | CM(4)

MICHAELSCHENKERの再発輸入盤と動画 

今回の再発リマスタ盤は4月に日本盤が出るらしいのですが、音質も変わらないだろうと言うことで輸入盤でGetしました。

2000年に発売された物と音質はあまり代わり映えしませんが、今回発売の再発盤はボーナストラックが凄い!!

sinwaこのCDの詳細はこちら「神話
4月22日発売










以下トラックリスト

  1. Ready To Rock

  2. Attack Of The Mad Axeman

  3. On And On

  4. Let Sleeping Dogs Lie

  5. But I Want More

  6. Never Trust A Stranger

  7. Looking For Love

  8. Secondary Motion


  9. ここからがボートラです
  10. Never Trust A Stranger (Rough Monitor Mix)


  11. [Live At The Manchester Apollo.1980]

  12. Natural Thing [UFO]

  13. Feels Like A Good Thing [MSG]

  14. Looking Out From Nowhere [MSG]

  15. Shoot Shoot [UFO]

  16. Doctor Doctor [UFO]

  17. Lights Out [UFO]


この当時ボーカルを務めていたのは、Gary Bardenですが、改めて聴くと歌唱力に???となってしまうんですが、でも嫌いなボーカリストじゃなかったなー。

ドラムのCozy Powellの仕事ですが、ギターの音を生かしてアメリカ向けの軽いサウンドになってしまっているためか、ドラムが軽く聞こえてしまいます。

コージーが、自分の音が台無しになってしまったことに対して、クレーム付けたという話もある程です。

このアルバムが出た時って、MICHAEL SCHENKER GROUPが結成したばかりだからでしょうが、ライブではUFOの曲を沢山演っていたらしく、ボートラに入っているライブもUFO時代の曲ばかりな感じがしますw

ボートラに収録のライブは、1stアルバム収録メンバーで行われています。
以下、収録時メンバー
G. Michael Schenker
Ba.Cris Glen
Ds. Cozy Powell
Key. Paul Raymond
Vo. Gary Barden

VoのGary Bardenも、中々頑張って唄ってますが、微妙に音程がずれているような気がしてなりませんw

音質があんまり良くないのが勿体ないくらいのライブで、コージーもマイケルも安定した音を出しています。

このライブのみ音質を上げて発売して欲しいと思うのは、私だけではないでしょうね、きっと。


下の映像は83年に行われたライブで演った「READY TO ROCK」の模様ですが、昔ビデオで出ていたハマースミス・ライブなんでしょうか?

DVDになってるのなら、欲しいですね。(なってませんが)




[ 2009/02/19 13:51 ] 動画 洋楽 | TB(0) | CM(0)

Thin Lizzy動画「Cold Sweat」 

大好きはバンドを3つ挙げろと聞かれたら真っ先に名前が出るのが、Thin Lizzy(シンリジィ)です。

アイルランドのダブリンには、バンドの中心人物でフロントマンのPhilip Lynott(フィルライノット)の功績を称えた銅像が建立されているそうですが、見られるものであれば、一度は見てみたいもんです。

今回ご紹介する、「Cold Sweat」は83年にギタリストのJohn Sykes(ジョンサイクス)を迎えて、制作された13枚目のアルバムThunder and Lightningの5曲目に収録されてます。



フィルの奥深く渋みのあるVoと、若き頃のジョンサイクスによる爆発するかのようなギターソロが魅力的な、スリリングでThin Lizzyとしてはメタリックな1曲です。






[ 2009/02/12 13:43 ] 動画 洋楽 | TB(0) | CM(0)

TANK動画[THIS MEANS WAR] 

1980年に結成されたMotörheadの弟分的なバンドでした。

好きなバンドで、今でも良く聴くんですが映像が中々無いのが辛いところです。

今回のライヴ映像は映像のテロップで見て判るとおり、99年に来日したときの模様をTVで放映したものらしいですが、この頃まではTANKも元気だったんですね。

演奏されている曲はTHIS MEANS WARと言いまして、83年に発表された3rdアルバムディス・ミーンズ・ウォーの3曲目に収録されています。



バンド自体が今何をしているのかは知りませんが、Wikipediaによると創立者であり中心メンバーであった、ベース・ボーカル担当のアルジーワードが脱退し、新メンバーで活動を行うとのことなので、今後彼らの新作を聴くことは無いと思います。

[ 2009/02/12 11:02 ] 動画 洋楽 | TB(0) | CM(0)

SENTENCED/動画[KILLING ME KILLING YOU] 

フィンランド出身のデスメタルバンド「SENTENCED」の6枚目のアルバムCrimsonに収録されている曲です。

デスメタルというと、メタルを聴く方の中でも眉をひそめるような、やかましくて攻撃的で下劣なサウンドが多いのですが(個人的には大好きですが)、このSENTENCEDと言うバンドは、ひと味違います。

4作目のアルバムDOWNから、ボーカリストの変更があったのですが(Taneli Jarva→Ville Laihiala)、現在ポイズンブラックで活躍中のVille Laihiala[ヴィレ・レイヒアラ]にVoがチェンジしてからの方向転換が凄かった!!

それまでのデスメタルの概念を覆すかのような、暗く湿り気を帯び哀愁と、もの悲さを併せ持ちながら、デスメタル特有のアグレッシブさや攻撃力を損なわないサウンドにシフトチェンジを見事に果たしております。

ボーカリストの声質も、いわゆるデス声というものではなく、軽くドスの利いた漢らしい声とでも言うべき声質のため、非常に聴きやすいです。



悲壮感・絶望感が冷たいサウンドに乗って押し寄せてきます。

しかし、それだけではなくイントロのピアノで判るように非常に美しいメロディがサウンドの核になっているため、聴いていて全く飽きないし、流行を追いかけたような軽薄さもありません。

秀逸なバラードなので、どなたが聴いても頷ける1曲ではないでしょうか。
[ 2009/02/11 22:16 ] 動画 洋楽 | TB(0) | CM(0)
プロフィール
当ブログはリンクフリー、コメントもお気軽に書き込み下さい。 旧ブログ「ヘヴィメタルとラーメンの日々」もご覧頂ければ幸いです。

hideji

Author:hideji
メタルからハードロック、その他うるさい音楽が大好きです。

このブログは自分が好きなアルバムのレビューや、懐かしい動画の掲載がメインとなる予定です。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。