HEAVY METAL STORM

お気に入りヘヴィメタルのアルバムレビュー、懐かしいPVなどを載せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LOUDNESS/THE EVERLASTING -魂宗久遠- 

THE EVERLASTING -魂宗久遠- このCDの詳細はこちら↓
THE EVERLASTING -魂宗久遠-

一昨日くらいに買ってきました。

ジャケはタイの有名な仏像でしたかね?

首をはねられても、樹木に守られたという逸話があるそうです。

購入してから、10回以上聴いてます。

おかげで、EXTREME THE DOJOの予習が全然進みません。

このアルバムは、樋口さんが生前に録音してあったトラックを利用して作成したらしいのですが、一部に現ドラマーの鈴木氏のドラムも使用されているようです(3曲目がそのようです)。

そして、タッカンことギターの高崎さんがメインヴォーカルを取っている曲も入ってます。

高崎さんのVOといえば、20数年前に発売されたソロアルバム「ジャガーの牙」収録曲[EBONY EYES]での、裏返った声でのVOがありました。

あれはあれで、個人的には好きでしたが、賛否両論ありました。

今回は、タイトルトラックであるTHE EVERLASTINGでのヴォーカルですが、樋口さんへの思いや称える意味合いなどを込めて唄っているのだと思われます。

ライヴ中のコーラスや叫び声に近いような嗄れた感じのボーカルですが、味があって良いのではと思います。

再結成後にこだわり続けてきた、ヘヴィーでドゥーミーな曲も数曲入ってますが、全体的には85年に発表された「THUNDER IN THE EAST」+再結成後のぶっ太いサウンドといった感じがします(あくまでも個人的見解)。



01.HIT THE RAILS

ヘヴィーなベードラからスラッシィーで疾走感あるイントロが格好いい!!
サビパートでの二井原氏のシャウトも適度でGOOD!!

サビに入る前のドラムパートはさすが樋口さんと思わせる激しさです。

久しぶりに高崎さんの説得力あるソロと、図太い漢コーラスが印象的なLOUDNESS流の攻撃的スラッシュ・チューンといった感じでしょうか。
この手の曲を増やせば、もっと良いのにというのが個人的感想ですね。

02.FLAME OF ROCK

エモーシャルなリフから始まるのですが、久しぶりに高崎さんのリフメイカーとしての実力が発揮されてます。
イントロのリフ(メインリフでもあります)を聴いていると、何故か涙が出そうになります。
これを待っていたんだよと言いつつ、ガッツポーズしたくなりますw

どことなくですが、「SOLDIER OF FORTUNE」を彷彿させるのですが、過去の彼らの楽曲の集大成的な曲に聞こえます。この曲での二井原氏は抑えめなシャウトを噛ますのですが、もっと絶叫しても良いのではないかと思います。

中低音域でのシャウトより、絶叫に近い方がシックリくるような気がします。

そして樋口さんのドラムは終始リズミカルでパワフルです。

ギターソロも、高崎氏お得意のタッピングが披露されてますが、こちらもエモーシャルな感じがして非常に気持ちが籠もっています。
全体的にスピーディー且つメロディアスで聴いていて気持ちよくなれる曲でした。


03.I WONDER

イントロが過去に聴いたことがある感じの曲ですが、目をつぶりましょう。

ミドルテンポでヘヴィーなバラード調の曲とでもいうのでしょうか、この曲も二井原さんは中低音域のボーカルですが、もっとシャウトした方が良かった感じがします。

ライヴで演奏されたら涙を誘いそうな1曲でした。

04.THE EVERLASTING

タイトルトラックです。

上にも書きましたが、ギターの高崎さんがボーカルです。

チョット不気味な感じのイントロから始まるため、LOUDNESSのドゥームが始まったかと身構えましたが、どちらかと言うとタテノリのロックに近い感じのサウンドでした。

ボーカルが二井原さんだったら違う感じの曲なるんでしょうが、どうも単純な曲でないようで、仏陀テイストやヘヴィー志向なども詰め込まれた感じがします。

高崎さんの趣味が出た1曲でしょうか。

不思議な味わいがあり、何度でも聴きたくなってしまいます。

収録曲の全てに言えることですが、私が歌詞の意味を理解して聴いていないため、詳細は不明。

05.LIFE GOES ON

ミドルテンポで明る目な曲。
聴いていると何故かポジィティブな気持ちになれます。

伸びやかなリフが今までのラウドネスらしくないのかな?
個人的にですが、ベースラインが気に入ってます。

06.LET IT ROCK

イントロが過去に聴いたことのあるタイプの曲です。
アップテンポで悪くない曲なんですが、どことなく過去の曲に似ているためピンと来ません。

後半での二井原さんのシャウトの後を追いかけてくる、タッカンのリフと泣きのギターフレーズが何とも良いです!!

二井原さんは、絶叫していないのにハイトーンが良く出ていますが、ここ最近歌唱力が上がりましたよね。ソロライヴやLOUDNESSのライブでも感じたことですが、ひ弱な感じが払拭されていて、とても力強さを感じます。

07.CRYSTAL MOON

出だしからとてもヘヴィーです。
再結成後に拘ってきた、ちょっと不気味でヘヴィーなサウンドです。

アルバム「TERROR ~剥離~」に入っていてもおかしくなさそうな感じです。
この曲だけ、歌詞の一部が日本語で唄われてます。
ただし、不気味な曲かと言えばまるっきり不気味なわけではなく、ポジティブな感覚や憧憬なども伝わってきます。

08.CHANGE

出だしの雰囲気は7曲目の「CRYSTAL MOON」と似た感じでヘヴィーですが、徐々にアップテンポになっていくので、聴いていても疲れません。
もう少しキャッチーだったら、「THUNDER IN THE EAST」あたりに入っていても、おかしくなさそうな曲だと思うのは僕だけでしょうか。
派手さはありませんが、個人的には好きなタイプの曲です。

ギターソロで泣きのギターと不気味な雰囲気が混在しているため全体像を判りにくくしているような気がしますが、ミディアムテンポの力強くメロディアス且つドゥーミィーな曲でした。

09.ROCK INTO THE NIGHT

ヘヴィーロックチューンです。
ドゥームの要素は感じられませんね。

力強いリフとVoが特徴的でノリの良い曲。

曲の長さも丁度良いので、ライヴ映えしそうです!!

10.I’M IN PAIN
ズッシリとしたヘヴィーロックです。
メインのリフが過去の曲に似てますが、数十枚のアルバムを制作していれば、それもしょうがないことです。

Voのサビメロは悪くありませんが、この曲も訳詞を読まないと良さが分からないのかも知れません。

後半からアップテンポになるのですが、テンポが変わる瞬間でのドラムは格好いいの一言です。

11.THUNDER BURN
ベースのスラップ奏法から始まる、ファンキィーな雰囲気の曲。
かと思いきや、ズッシリしたヘヴィーチューンに様変わりです。
ヘヴィーですが、アップテンポで二井原氏の歌唱力が上がったことを実感できる曲ですね。

何となくですが、悲しみと前向きな姿勢を表した曲なのかなと感じます。
中間でもベースがチョッパースタイルになりますが、LOUDNESSの曲にしては珍しいスタイルです。

11.DESPERATE RELIGION

LOUDNESS流のヘヴィーでスローなドゥームを感じさせる曲。

終始スローテンポでズッシリしていますが、Voが前面に押し出されているので、聴きにくくはない感じです。

曲は暗い印象ですが、VOが結構ドラマティックな雰囲気を醸し出しているのが救いでしょうか。

アルバムラストを飾る曲に相応しいかどうかは分かりませんが、もう少しポジティブな曲を持ってきても良かったんではと感じました。


LOUDNESSの現在・過去・未来を表したアルバムのように感じます。

再結成後の作品としては、全体的に聴きやすく期待を大きく裏切る曲は見あたりませんでした。

今後の前進に期待しつつ、次作でも今回と同じくらいの水準を保って欲しいものです。
スポンサーサイト

[ 2009/05/29 14:06 ] CDレビュー | TB(0) | CM(2)
プロフィール
当ブログはリンクフリー、コメントもお気軽に書き込み下さい。 旧ブログ「ヘヴィメタルとラーメンの日々」もご覧頂ければ幸いです。

hideji

Author:hideji
メタルからハードロック、その他うるさい音楽が大好きです。

このブログは自分が好きなアルバムのレビューや、懐かしい動画の掲載がメインとなる予定です。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。