HEAVY METAL STORM

お気に入りヘヴィメタルのアルバムレビュー、懐かしいPVなどを載せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

CDレビュー[Lords of Chaos]3 

lordsofchaos2
2枚組CDの紹介ですが、1枚目が長くなってしまったため2回に分けて紹介します。

過去記事はこちらからご参照下さい↓。
CDレビュー[Lords of Chaos]2
CDレビュー[Lords of Chaos]

◆1曲目を飾るのは、1枚目の13曲目で不思議なオルガンサウンドを聞かせていた、「ANTON SZANDOR LAVEY」のSantanic Hambooです。

もの悲しい雰囲気でオルガンを奏でています。ドナドナを連想させるくらいもの悲しいのですが、その音をバックにして悪魔教の司祭が教えを説くような(私見ですw)唱えが入っているため、不気味と言えば不気味なんでしょう。和訳を読んでいない私にはピンと来ませんでした。

◆2曲目「DEATH SS/Black Mass」。私は聞いたことのないバンドだったのですが、イタリアンホラーメタルとでもいうべきバンドで、知る人ぞ知るバンドのようです。

DEATH SS/Black MassSF映画のサントラのように荘厳な雰囲気のイントロですが、その後の邪悪な感じのスピーチが怖いです。幻想的でスペーシーなキーボードがフューチャーされているため、サウンドだけ聞いていると「未知との遭遇」「スターウォーズ」を連想させるのですが、Voというよりは邪悪な説法のような呟きが導入されているので、非常に気味が悪いです。

途中6分当たりから、ようやくボーカルらしいのが入るのですが、唄というよりは絶叫です。この1曲でけを聴いた感じでは、ゴブリンに近いかなと思わせるバンドでした。

◆3曲目「BATHORY/Twilight of the Gods」Twilight of the Godsに収録されています。このアルバムに収録されているバンドの中では、わりかしメジャーなバンドだと思われますが、冷たさと荒涼とした感じを出しているブラックメタルの典型といえるのかな。
唄が微妙に下手なのが良いアクセントになってます。
躍動感と寂寥感を併せ持つ不思議なテイストの曲で、中世的でありながら土着性も高いように感じます。

◆4曲目「UNLEEASHED/Into Glory Ride」全く知らないバンドです。動画があったのでご覧下さい。


暴虐度の高いデスメタルというとこでしょうか。

◆5曲目「MAYHEM/Freezing Moon」De Mysteriis Dom Sathanasに収録されています。
有名なバンド何で、今更説明は不要だと思いますので、動画をお楽しみ下さい。
昨年のExtreme The Dojo(エクストリーム・ザ・ドジョー)で来日しましたが、私は未見です。


この曲に関しては、起承転結はあるみたいですが基本的なメロディやリフな無いように感じます。

ブラストビートに乗っかって暴虐なVoが襲いかかってくるような感じの無慈悲なブラックメタルの典型ってとこでしょうか!!


◆6曲目「DARKTHRONE/Blaze in the Northern Sky」A Blaze in the Northern Skyに収録されてます。
個人的にはMAYHEMよりDARKTHRONEの方が好きなんですが、この曲に関しては上にあるMAYHEMのFreezing Moonと同じような感じの曲です。音質悪しで演奏も上手いとは言えませんが、全体から冷たい格好良さが伝わってくる邪悪な1曲。
ブラックメタル好きな人にはマストの1枚でしょう。

◆7曲目「EMPEROR/The Burning Shadows of Silence」In the Nightside Eclipse収録曲
ポルターガイストが出てきそうなシンセの音が特徴的な、シンフォニックなブラックメタル。
ブラックメタルとしてはメロディがある方ですが、Voが雄叫びを上げたり呻き声を発したりと狂気が並みではありません。音質が悪いのが逆に不気味感を誘います。禍々しくも格好良い1曲です。

◆8曲目/ULVER/(exclusive and unreleased track)
このバンドは名前しか知りませんので、この曲が彼らのどのアルバムに収録されているかは不明。
彼らを聴くのが初めてなんで解説は難しいのですが、プリィミティブな感じのインストで、ブラストビートに乗ってチリチリしたギターがかき鳴らされています。曲全体から伝わってくる感じは寒々とした荒涼感です。

◆9曲目/ABSURD/Eternal Winter
このバンドも名前しか知りませんでした。色々調べると国家社会主義ブラックメタル(NSBM)というのを標榜しているらしいです。和訳を見ていないため何とも言えないのですが、ブラックメタル+アナーキーなパンクが合体したようなサウンドです。デス声というよりはがなり立てる感じのvoで、曲に起承転結を付けているので、案外聴きやすい。

◆10曲目/THORNS/Stellar Master Elite
Thornsに収録。
ある意味漢メタルを連想させる、躍動感と規律の厳しさを感じるブラックメタル。ジリジリと刻まれるギターリフ・連打されるドラムがGOOD!!

◆11曲目/ABRUPTUM/Massdd
名前しか知りません。かなり前衛的なブラックメタルと申しましょうか、実験的なサウンドと申しましょうか、ひと言で表すのが難しい。終始、軍靴での行進音と地を這うようなザラついた重低音ギターが続くのですが、実験的すぎて良く分かりません。

◆12曲目/THE ELECTRIC HELLFIRE CLUB/Age of Fire (Exclusive Remix)
笑い声とも雄叫びとも付かない声で始まる格好良い1曲。サタニズムをコンセプトにしているらしいのですが、あまりサタニズム臭は感じません(和訳を読んでないからw)。少し埃っぽいミドルテンポの曲で原始的な雰囲気が漂うヒップホップの要素も感じる曲でした。


◆13曲目/PETER H.GILMORE/What Is Good? (rare track)
重厚で神秘的且つ不気味な管弦楽器の音をバックに悪の説法を唱えているかのような曲??

◆14曲目/WHITE STAINS/Take It from Me(rare track)
良く分かりません。デュラン・デュランの曲かと思いましたが当然違いますw
幻想的な曲でメタルでないことだけは確かです。後半に入って突然暗黒モードに突入と思ったら終了していました。

◆15曲目/ANTON SZANDOR LAVEY/Black Mass (Closing Hymn)
CD2の1曲目と同じで、ショートバージョンといった感じ。
荘厳でもの悲しいオルガンの音と、神秘的且つ邪悪な説法で締めくくっています。

関連記事

  • ブラック・メタルの血塗られた歴史(お勧め書籍)

  • CDレビュー[Lords of Chaos]

  • CDレビュー[Lords of Chaos]2





[ 2009/03/04 14:23 ] CDレビュー.VA | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
当ブログはリンクフリー、コメントもお気軽に書き込み下さい。 旧ブログ「ヘヴィメタルとラーメンの日々」もご覧頂ければ幸いです。

hideji

Author:hideji
メタルからハードロック、その他うるさい音楽が大好きです。

このブログは自分が好きなアルバムのレビューや、懐かしい動画の掲載がメインとなる予定です。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。