HEAVY METAL STORM

お気に入りヘヴィメタルのアルバムレビュー、懐かしいPVなどを載せます。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LOUDNESS@恵比寿Liquid Room 

昨日6/26はLOUDNESSのライヴに参戦してきました。

バンドが自らの歴史を見つめ直す意味合いで行ったライヴが、前回の
東名神で行われた「CLASSIC LOUDNESS LIVE 2009 The Birthday Eve~Disillusion 」
でした。

今回は、反響が大きかった前回のCLASSIC LOUDNESSの続きというか
PART2的な意味合いのライヴです。

もっと観たいという要望が多く寄せられたそうです。

前回行われた「CLASSIC LOUDNESS LIVE 2009 The Birthday Eve~Disillusion 」
については、過去記事をご参照下さい。

LOUDNESS@SHIBUYA CLUB QUATTRO

まずは、今回のセトリです。

SE. ANTHEM (LOUDNESS OVERTURE) [4th English]
01. Theme Of Loudness [3rd]
02. Loudness [1st]
03. Sexy Woman [1st]
04. High Try [1st]
05. Rock Shock (More And More) [1st]
06. To Be Demon [1st]
07. Angel Dust [2nd]
08. Girl [2nd]
09. Rock The Nation [2nd]
10. Devil Soldier [2nd]
11. The Law Of Devil's Land [3rd]
12. Mr. Yes Man [3rd]
13. In The Mirror [3rd]
14. Black Wall [3rd]
15. Butterfly [4th]
16. Crazy Doctor [4th]
17. Exploder [4th]
18. Dream Fantacy [4th]
19. Esper [4th]
-アンコール1-
20. Burning Love [S][1st Bonus]
21. Road Racer [S][3rd Bonus]
-アンコール2-
22. Ares' Lament [4th]
23. Speed [3rd]
-アンコール3-
24. Hit The Rails * [The Everlasting]
SE. The End (THE DOORS)


毎回ライヴに行くとセットリストをメモるためと、腰痛が酷いため、柵のあるポジションを狙うのですが、今回も中々良い場所取りが出来て、左後方の柵前にある階段の上という、絶景ポジションをGETです。

(画像は拡大します)
loudness1
平日のライブということもあり客入りが悪いのでは、という予感もしましたがほぼ満員の客入りです。



ただ、観客の年齢層が高かったためか?(人のことは言えませんが)若干盛り上がりに欠けたような気がしましたね。

Voのニイちゃんが煽らないと、唄わない・拳を挙げない・ヘドバンもしないというお客さんが多かったです。

前回のライブでは、久しぶりに古い曲をレギュラーチューニングで演るということで会場全体が殺気立ち、会場が超満員ということが手伝ってか、LOUDNESSのライヴにしては、一種異様な雰囲気のライヴだったんですが、今回は、割りと安心感があるというかマッタリしたいつものLOUDNESSライブな感じです。

今回のライヴでは、前回廻らなかった地域を回る全国公演ということもあり、メンバーが疲れていたのでしょうか、ラウドネスにしては珍しい途中でのやり直し(エスパー)、ギターのイントロで始まる曲なのにギターの高崎さんが弾かないため始まらない曲(バーニング・ラヴ)などがあるという、サプライズ?もありました。

バーニング・ラヴに関していえば、タッカンのど忘れというか勘違いなんでしょうが、「エスパー」や「To Be Demon」に関して言えば、ドラムのアンパン君のキャリア不足がモロに出た感じです。

To Be Demonでは、ギターソロの前にある、前半からテンポチェンジするパートで、妙なタメを作りすぎリズムキープ出来ていませんでしたね。

やり直しした「Esper」でも、ドラムが走りすぎてリズムが合ってなかった感じです。
前回もエスパーはリズムを途中で合わせ直してましたが、この曲に関してはリズムキープが難しいようです。

やはり、樋口さんは偉大なリズムキーパーだったんですね!!




LOUDNESSのライヴでSE. ANTHEM (LOUDNESS OVERTURE)~01. Theme Of Loudness(SE)と言う流れは神ですね!!

Theme Of Loudnessは、別に生演奏して欲しいとは思いませんが、やはりライヴでのSEに使って貰えると嬉しい、というか鳥肌が立った!!

ヴォーカルのニイちゃんはこの日も声が出てました!!
年と共にハイトーンに磨きが掛かってるような気がしますが、やはりヴォイストレーニングに励んでるんでしょうか?

何の曲だったか忘れましたがw、ハイトーンシャウトが凄すぎて耳が痛かった!!

やはりニイちゃんにはレギュラーチューニングでのヴォーカルがしっくり来ます。

樋口さんが好きだった曲を演りますというMCから「Mr. Yes Man」をやり、少しシンミリさせて「In The Mirror」の流れなんかは痺れましたね!!

「In The Mirror」&「Speed」に関しては、何度観ても素晴らしい!!

ヘドバンするのも忘れて、いつも見入ってしまいます!!

「Mr. Yes Man」に至るまでの流れも最高で「Devil Soldier(少しダレましたが)」「The Law Of Devil's Land」ではヘドバンしまくり&歌いまくりで、こちらの喉に異変が出るほどでしたw

前回のクアトロではアンコールに「MILKY WAY」をやりましたが、今回は「Road Racer」に変えてきました。

どちらも好きですが、やはりLOUDNESSは名曲が多い!!


#16の「Crazy Doctor」で会場のボルテージはMAXとなり、アンコールの「Ares' Lament」でシンミリさせて、最新作からの「Hit The Rails」で今回のライヴを締めましたが、Hit The Railsでは、コーラスも決まってたし、ドラムも凄まじかったんで、新作お披露目ライヴはかなり期待して良さそうです。

最新作の1曲目「Hit The Rails」が聴けます↓
http://www.youtube.com/watch?v=CtoyKPPeWJw

(こっそり撮ったライヴの様子/拡大します)

loudness2


次回は8月末~9月初旬に「THUNDER IN THE EAST」ツアーを行うようですが、昔の名曲を揃えたライヴばかりだと、新作の曲や最近のアルバムの曲をライヴで聴けないという、勿体ないジレンマが起きてしまうのも事実です。

しかし、新作のライヴも早くみたい!!


[ 2009/06/27 19:42 ] ライヴ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール
当ブログはリンクフリー、コメントもお気軽に書き込み下さい。 旧ブログ「ヘヴィメタルとラーメンの日々」もご覧頂ければ幸いです。

hideji

Author:hideji
メタルからハードロック、その他うるさい音楽が大好きです。

このブログは自分が好きなアルバムのレビューや、懐かしい動画の掲載がメインとなる予定です。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。